書き方で変わる印象|国際舞台で活躍!貿易事務の仕事の魅力とは?

職務経歴書で自己アピール!企業に合わせたフォーマットを考える

新着情報

書き方で変わる印象

履歴書

自分の強みをアピールするための職務経歴書の書き方

まず、基本的な留意点をご紹介します。
1)職務経歴書は採用側に読んでもらうことが最大の目標になります。従って常に採用側の目線を忘れないでください。
2)採用側は、多様です。同じ業種でも会社の規模・歴史、製品構成、顧客、特長などに差があり、さらには、採用される職種によっても、こちらの対応策を工夫する必要があります。
3)職務経歴書は執筆者を代表するものであり、執筆者は自分を強みをよく理解することが重要ですが、自分の強みであっても、採用側が強み、特長として理解してもらえる内容でなければなりません。あるいは、理解してもらえるように強みの表現を工夫する必要があります。
以上を留意して、書き始める前に自己理解等の資料の準備が重要であることを忘れないでください。

職種によって職務経歴書の最適なフォーマットは異なる

「最適なフォーマット」とは何を意味するか考えてください。ある会社で技術系と事務系の募集があり、職務経歴書様式は「市販のA4タイプ」と指定があったときは、フォーマットの様式は同一になります。「最適フォーマットは」採用側に最もアピールする内容の記載方法ということです。これは、技術系であれば、過去の経験と成果が求人内容に適した説明になっているか、事務管理系であれば経験と人柄を理解できる記述があるかが重要になってきます。前者であれば求人内容の経験と自分も是非担当したいとの意思が重用になりますが、後者では過去の経験等に加え人間関係造りの得意さが重要になります。こうした「最適なフォーマット」作成に応えるのは、これに応じられる資料作りが重要です。求人内容に応えられる過去の経験を、自分の過去から引き出すことが大切です。このためには「自分についての仕事の思い出集・逸話集」の作成が効果的です。これらは面接の時にも役立ちます。

サンプルや書き方マニュアルを参考にしよう

サンプルや書き方マニュアルを参考にすることは必須事項です。しかし、サンプルはあくまでサンプルです。自分の強みをアピ-ルするには自分の言葉でないと迫力が弱まります。求人内容を精査し、採用会社もHP、パンフレット等で調査して、自己理解資料も揃えて職務経歴書を作成した後は、専門家の参考意見を聞くことです

広告募集中